2015年10月31日

成分>エステM(化粧水)

【 エステM 】


エタノール
グリセリン
ハマメリスエキス
クインスシードエキス
プラセンタエキス
コンドロイチン硫酸Na
アラントイン
BG
メチルパラベン
プロピルパラベン
エチルパラベン
posted by 管理人 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●エステM(化粧水) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

エステM>あれこれ

◆  マイジュリアエステシリーズに、化粧水はないのですか?◆

美容液タイプのエステM(化粧水)をご用意しております。
このエステM(化粧水)は、美容液タイプとなっておりますので、 すこしドロッとしておりますが、通常の化粧水と美容液をあわせたような効果がみられます。
朝晩の洗顔の後に、コットンか指先に取り、マッサージをするようにお肌にお付け下さい。

line70.gif

◆  季節によって、エステM(化粧水)だけでは、少し肌がカサツクようなのですが、お手入れは?◆

暖房や冷房のきいた室内にいると、どうしても肌がカサツキがちになります。 また、少しお肌が疲れてくると、お化粧のノリがわるくなるような気がします。
カサツクとか、化粧のノリが悪いと感じるときには、 『蒸しタオル』を活用してください。

line70.gif

ポイント!!→◆蒸しタオルを加えて◆

洗顔のあと、
火傷をしない程度のあまり熱くない蒸しタオルを顔にのせて2〜3分
これで、お肌も気持ちもリラックス!
見違えるほど、化粧のノリが、ちがってきます。
あとは、普通にエステM(化粧水)または、
お手持ちの乳液等でお手入れを。これだけで、随分ちがいます。


◆簡単蒸しタオルの作り方・・・◆

絞ったタオルをラツプでつつみ、電子レンジで40秒程過熱・・
熱いので要注意。
または、縦2つ折りしたタオルをくるくると巻いて、
真ん中に熱湯たらして、絞る。
もっと、簡単にしたい時には、
少し熱めの40〜45度位のお湯でタオルを絞る。
火傷しないように取り扱いには、くれぐれも気をつけて下さいネ!

posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ●エステM(化粧水) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。